介護ソフトの導入でホッとサービス│効率化で人に暖かく

会話中

ソフトの種類

PC

介護ソフトには、様々な機能があります。それぞれの事業所の規模や行っているサービスによって選んでいくものが異なります。ソフトの種類を大きく分けると、パッケージソフト型と呼ばれるものとASP型と呼ばれるものがあります。パッケージソフト型は、高機能なものが多く、中規模から大規模の事業部に向いています。最初から多くの機能を盛り込んだソフトが多く、ソフトを購入してパソコンに導入するというタイプのものです。また、ASPというサービスの場合は、インターネットを通じてメーカー側がソフトの提供を行うというものです。機能をある程度絞り込んでいるものが多く、機能や価格等メーカーによってそれぞれ違いがあります。介護ソフトを導入する際には、基本機能としてどのようなものがあるのか知ることが大切です。パッケージソフトの中でも、機能を絞り込んで低価格で斑馬しているものもあれば、ASP型の場合でも高機能というソフトもあります。それぞれ必要な機能を考えて比較して選んでいくことが大切です。

介護ソフトを導入するというような場合、ケアプランの作成や介護保険請求等必要な機能を取り揃えたものを選ぶことが多いでしょう。しかし、それだけでなく今後どのように事業所を展開していくかも考えて拡張性の高いものを選んでいくことも大切です。ソフトの買い替えを行うというような場合、今のデータを引き継ぐことやセットアップすることを考えると、手間や時間がかかります。そのため、最初はある程度の機能があり、必要に応じて拡張が行えるというものを選んで行くことが重要になります。導入の際には、費用や搭載されている機能、拡張性等多くのことを比較して選んでいくことが大切です。