介護ソフトの導入でホッとサービス│効率化で人に暖かく

介護師

作業の効率化

介護

介護の現場では、いかに作業を効率化していくかということが大切です。また、情報共有をしっかりと行うことも必要になってきます。介護ソフトを導入することで効率よく業務が進み、ミスも減らすということが可能です。

» もっと見る

ソフトの種類

PC

介護ソフトには様々な機能がついています。主にパッケージソフト型とASP型というように分けることができ、持っている機能や価格が異なってきます。事業所に合わせてそれぞれ導入していくことが大切です。

» もっと見る

サービスから選ぶ

笑顔

介護の現場で使う介護ソフトは、特定のサービスに特化したものもあれば、全体的なサービスに対応しているものもあります。導入の際には今後の展開も考えていくことが大切です。

» もっと見る

ソフトで変わること

PCをする男性

介護の現場は非常に忙しく、多くのことを行っていくことが必要になります。そのため、いかに作業を効率よく回していくのかということを考えて作業を行うことが大切です。また、多くの人が関わることから情報共有等もしっかりと行っていくことが必要です。そのような場合に利用出来るものが、介護ソフトです。ソフトを使うことにより、様々な事務作業を効率化することができます。事務作業を効率化していくことにより、その分人のケアに手が回るようになります。また、ソフトの使い方が非常に簡単なことから、手間もかからずに済ませることが出来ます。ソフトを利用することにより全員で情報の共有が可能なことから、ミスも減らしていくことができます。

介護の現場で利用されるソフトには、パッケージソフト型と呼ばれるものと、ASP型と呼ばれるものがあります。パッケージソフト型はソフトを購入してパソコンに導入していくというもので、高価ですがその分様々な機能をカバーしているという特徴があります。また、ASP型の場合はインターネットを通じてサービスの提供が行なわれ、その都度バージョンアップを行っていきます。機能を絞り込んだソフトが多く、安価で利用することができる製品が多いです。なお、パッケージ型でも安価で機能が厳選されたものや、ASP型でも多機能のものがあります。事業所の規模や、欲しい機能、これからどのように事業所が展開していくかを考えて製品を選んでいくことが大切です。